三和石産の歴史

昭和39年7月 創業者中田正義が河川砂利採取業、「中田商事」を発展解消し、「三和石産株式会社」を設立。秦野市戸川に砂利・砂製造プラントを創業
昭和43年8月 藤沢市辻堂に生コンクリートプラントを設備し、「三和石産株式会社生コン部」として生コンの製造販売を開始。
昭和55年12月 三和石産生コン部としてJISA5308レディーミクストコンクリートの表示許可工場となる。
昭和60年3月 生コン部敷地内に第2プラントを新設
昭和61年4月 秦野市戸川の砂利・砂製造プラントを閉鎖し、本社の登記を秦野市から藤沢市に移転。
平成元年1月 横浜市戸塚区に生コンプラント「三和石産戸塚工場」建設。生コン第2工場として製造開始。
平成元年5月 横浜市神奈川区出田町埠頭の荷捌き権利を取得し、船舶輸送による骨材荷役会社として、「株式会社ミナト産業」を設立。
平成元年10月 三和石産株式会社戸塚工場としてJISA5308レディーミクストコンクリートの表示許可工場となる。藤沢市の生コン部を「三和石産株式会社藤沢工場」と改名し登録。
平成7年3月 建材、土木事業、ダンプ輸送の専門企業として「株式会社バンカー」を設立。
平成9年4月 平塚市の生コンプラント「株式会社平塚スミセ生コン」より土地建物・営業権一切譲渡受け、「株式会社ミックス湘南」を設立。
平成11年12月 三和石産株式会社藤沢工場、戸塚工場、株式会社ミックス湘南の3工場同時に国際品質規格ISO9001の認証取得。
平成12年11月 生コン輸送会社「株式会社厚木レミコン運輸」より車両、営業権一切譲り受け、「株式会社エッグ」を設立。
平成14年4月 太平洋セメント、三好商会、第一セメント、相栄アサノ生コンとの共同事業により株式会社ミックス湘南を解散し、相栄アサノ生コンミックス工場として運営
平成15年3月 「株式会社ミナト産業」が出田町埠頭から瑞穂埠頭へ荷捌き地を移転。骨材混合プラントを運営。
平成15年3月 「株式会社バンカー」にコルゲートサイロ5基の骨材混合プラント完成
平成15年8月 藤沢市の生コンプラント「相鉄コンクリート株式会社」より土地建物・営業権一切譲り受け、「株式会社ミックス藤沢」を設立。
同時に同所の生コン輸送会社「株式会社湘南建材輸送」より車両・営業権一切譲り受け、「株式会社エッグ」として運営。
平成20年9月 三和石産グループ内の輸送部門を「株式会社エッグ」に統合し運営。
平成20年10月 湘南C-X都市再生事業に関連し「三和石産藤沢工場」を閉鎖。
事由により「株式会社ミックス藤沢」を「三和石産藤沢工場」として運営。

三和石産株式会社
三和石産の会社概要
アクセス