新型コロナワクチン職域接種

新型コロナワクチンの職域接種を実施しました

今もなお、感染拡大中の新型コロナウイルス。
東京に次いで神奈川の感染状況も深刻な現状ですね。
 
リモートワークが成立しにくい当社のような業務では、職場での感染拡大を防ぐことが大切と考え、出勤時の体温・体調確認を含め、感染拡大防止には取り組んできました。
あとはワクチン接種・・・と思いつつもなかなか働く世代へのワクチン供給もままならない昨今。
 
そんな中、一定数のワクチンが入荷できたので職域接種はどうかとの打診が!!!
大急ぎで社員と同居家族などにもお声掛けして、希望者を対象とした新型コロナワクチンの職域接種が実現しました!

みんなで準備・運営

副反応を考慮して、接種日程を2日程に分け、接種日はすべて土曜日に設定(土曜日も仕事があるので)。
少しでも早く!との思いから、接種実施を決めてから最初の接種日まではわずか5日間。
かかりつけの医療機関と打合せしながら、希望を確認して、接種者リストを作成して。てんやわんやです。
 
そんなこんなで段取りはざっくり極まりない(ほとんどできてない)状態で当日を迎えましたが、工場や運輸の皆さんが自発的かつ率先して車の誘導をしてくれたりして、結果的にはどうにかこうにか。
こういうときに社員一人ひとりが「今自分がすべきことは何か」を判断して動けるところは、会社の強みのひとつかな、と思います。

接種はこんな感じ

来客用入口と社員通用口それぞれで、注意事項が丁寧に書かれているホワイトボードのお出迎えです。
 
【来客用入口】

 
注意事項の説明と番号カードの配布は社員通用口にて。
番号カードをもらったら密にならないよう食堂などで待機していただき、
「〇〇番台の方お並びくださぁ~い。」
と呼ばれたら受付前に並びます。
 
【社員通用口での説明風景】

 
受付を済ませたら接種。
先生(かかりつけ医療機関のお医者さん)の達人的な手際の良さで接種が進みます。とにかく無駄がない流れに感動。
(以下、注射の写真が2枚続きます。アップではありませんが、苦手な方はご注意ください。)
 
 
【接種風景/とにかく迅速で無駄がない!!】


 
事務所内の空いているスペース(換気できる窓際)を待機所にして、接種後は15分間休憩。
15分経過後は、副反応が大変でないことを祈りながら、すみやかに帰宅の途へ。
 
【待機所風景】

 

チームワークで無事に接種完了

約150名の接種が1時間ほどで完了。
先生の接種スピードに負けじと、受付を担当してくださった総務部員もフルスピード(笑)
先生も受付もお見事でした!
 
【リストをもとに全員が接種したか最終確認】

 
先生方はもちろん、社員みんなの協力もあって予定どおりスムーズにワクチン接種(1回目)を終えることができました。これから2回目の接種もありますが、チームワークを活かして乗り切ります★
 
まずはみなさん、お疲れ様でした!ありがとうございましたっ!!(*╹▽╹*)
 
***これからもできる限りの感染防止対策に取り組んでいきます***